HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトバス・トイレ・洗面  »  リフォーム~トイレ(節水トイレで節約) 編
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水回りのリフォームの一環でトイレも一新しました。

トイレで採用したのは TOTOの便座&ウォシュレット。

トイレはショールームに行く前にいろんな施設で利用する際に

チェックしてみて座り心地が一番好みだったのでTOTOに決めました。

わずか4・8リットルの水で流せる!という超節水トイレです。

以前のトイレは15年前のモノだったのでこのリフォームでざっと使用する水の量は

3分の1の量に減ることになるようです。ほんとトイレの世界は進歩してる!

できればやりたくないトイレ掃除も、見えないフチ部分とかが少なくてくるっと拭けばOK

なのでうれしい

4人家族だと使用する水の量もけっこうなものなので

コレで水道代もだいぶん節約になってるハズ。

(今のところ前年比ひと月あたり500円減くらいの感じ)

LED電球にせよトイレにせよ、初期導入費用はかかってもランニングコストがグンと

下がるものが最近は多いので、特に意識しなくても節約ができるのはとても助かります。

リフォームや新築時はその見直しをするいい機会だと思います。

固定費のスリム化が一番家計の節約への近道かと。

食費を削るよりも光熱水費が下がる仕組みを作るほうが楽ですね。

次は通信費も見直ししなければ~。(←ここが一番手ごわい



タンクレストイレのすっきり感もいいな、と思ってたのですが

タンクレスにするとリフォーム費用が10万以上UPすることと、

別に手洗いを設けなければならないので

小さい子がいるわが家だと手洗い場付近がびしょびしょになりそうで、

また別に踏み台を置かないといけなかったり、設置スペースの問題もあったりで…

断念したのでした。

でも結局見た目の問題だけでタンクがあっても全然問題なかったかも。

施主支給のウォシュレットも付けてもらいました。

ウォシュレットは買うまで知らなかったのですが、①貯湯式 ②瞬間式 

の2種類があるようで うちは消費電力の低い(=電気代安い)瞬間式にしました。

価格は瞬間式のほうがちと高めですが、でも計算したら数年でもとがとれる

ということがわかりランニングコストの低い瞬間式にしました。

色はシンプルにホワイトを。

(旧来のトイレはパステルアイボリーが多いですが、ホワイトのほうがモダンに見えます)


わが家のトイレリフォーム費用は撤去や設置工事費用・クロスなどの内装・

施主支給のウォシュレットも入れて約14万円でした。

アクセサリー類はKAWAJUNのペーパーホルダーとタオルホルダー

IKEAのキャビネットを設置して、トータルで15000円くらいでした。

リフォーム費用の相場などはこのサイトでもよくわかります。

リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】


にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
favorite❤
favorite❤
recommend
recommend
For school
愛用ゴミ箱
recommend
DIYに♪
色合わせの入門書
recommend
recommend
ベルメゾンネット
recommend
recommend
recommend
reservation
welcome!!
ブログ内検索フォーム
toilet mark by hacoa
ドアに貼るとかわいい♡
recommend
QRコード
QR
let's go trip!!
recommend
相 棒
リフォームの見積
リフォーム ホームプロ
recommend
ベルメゾンネット
recommend
recommend
北欧風小物も
ベルメゾンネット
おすすめ本
おすすめ本
おすすめ本

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。